HOME > EXHIBITION

2017年    2016年    2015年    2014年

日本画家 伊東正次「襖絵の回廊」展

日本画家 伊東正次「襖絵の回廊」展ぶどうの丘美術館 (山梨県勝沼)
2017年2月28日(火)〜4月26日(水)
AM 10:00〜PM17:00 入場無料

会場では襖絵、日本画、水彩画など数十点を展示予定です。
会期中には講演会、スケッチ会などのイベントも開催されます。
どうぞ、それらも合わせてお楽しみ下さい。

伊東正次個展フライヤー.jpg最終訂正バスツアー申込書.jpg

アートがアートを加速する[ART FORCE]第4回企画展

●開催場所 : ギャラリー「山椿美術館」内 Tsugumi Art Works [ ART FORCE ]
      東京都杉並区高円寺南3-34-5 TEL : 03-3311-8765
●画  題 :「春と桜、そして思い出」 桜の絵でなくても可
●展示期間 : 2017年2月21日(火)〜2月26日(日)
       2月25日、26日午前11時〜午後1時の間はワークショップ開催の為、公募展はご高覧できません。
●公募期間 : 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火)
●作品搬入 : 2017年2月15日(水)までにTsugumi Art Works 野歌つぐみ(脇木津久美)まで到着の事。
●応募条件 : 作品展覧会での作品の販売に同意していただける方。
  (販売された場合は販売額の30%をTsugumi Art Worksが手数料として申し受けます。)
●対象作品:油彩部門・水彩画部門・日本画部門・パステル画部門・鉛筆画/色鉛筆画部門・
      切り絵部門・水墨画/墨彩画部門 等 その他の画材も自由です。
       絵は桜の絵以外でも可、応募者さんの得意な絵でご応募ください。
●応募サイズ:額装で幅35cm×縦35cm×奥行5cm以内。
●応募資格 :プロ・アマチュアを問いません。日本国内に在住。年齢不問。
●応募参加費:応募参加費はお一人1点8,000円。
        搬入搬出は基本応募者負担(着払いは不可)。但し地方在住者で搬出・輸送を希望される場合は
      2,000円が追加負担となります。
●展示作家:小部屋2会場にて色鉛筆画家・林亮太 個展。
      〔ART FORCE]第1回公募展人気投票で1位の大久保信子 個展。
      水彩画家 佐橋井久子のクロッキー画、水彩画展示。
      日本画家 伊東正次、メルヘン画家 野歌つぐみ、鉛筆画家 安部恒美
●水彩画家 「佐橋井久子クロッキー教室」
       2017年2月25日(土) 午前10時〜午後1時
      参加チケット 1枚 3000円 ※参加者10人以上で催行
      ※ご用意頂く用具は「佐橋井久子クロッキー教室」をご覧ください。
●色鉛筆画家「林 亮太色鉛筆画教室」
      2017年2月25日(土) 午後2時〜午後5時
      2017年2月26日(日) 午前10時〜午後1時
      参加チケット 1枚 2500円
      ※ご用意頂く用具は「林 亮太色鉛筆画教室」をご覧ください。
      ※参加者が応募人員になりますと、締め切りとさせて頂きます。

第4回-応募要項-1.jpg第4回-応募要項-2.jpg第4回-応募要項-3.jpg

佐橋 井久子 ワークショップ「クロッキー教室」

佐橋 井久子さんの人体ポーズ(クロッキー)教室をいたします。
佐橋さんはクロッキーの達人でもあり、ものを見ないで絵が描ける優れた水彩画家さんです。
習っているセントさんも数多くの方々、著名な方々もお世話になっているとか…
モデルさんにポーズを10分〜15分ごとに変えて頂きクロッキーの捉え方、描き方を学ぶことが出来ます。

第4回-応募要項-4.jpg

林 亮太 ワークショップ「色鉛筆画教室」

手軽な画材の色鉛筆だけで写真以上にリアリティーに描き、その独自な技法は他に類がなく、新しく確率したヒョぷげん方法と言えます。
隅々まで目が行き届き、細部にわたって表現され鋭い観察力と、独自の表現力があいまって、驚きと感動の光と影の世界を表現しています。
林 亮太先生が直接、丁寧に指導してくれますので、初めての方も歓迎です。
「色鉛筆でここまで描ける」という感動を味わってみませんか。

第4回-応募要項-5.jpg

木原和敏先生の誰でも描ける人物画教室

2017/02/18
洋画家 木原先生の数少ない裸体画です。 成熟した女性の美しいなだらかな描写と 相反する彼女の表情と髪の毛の様に なんとも言えないセンスが伝わってきます。 色気がありすぎてはいけない。
次の動作が想像したくなる 良い作品には色々な隠された条件・文学的な情緒を漂わせることは ここで書かせていただくまでもありません。 ※参加者が応募人員になり、締め切りとさせて頂きました。

木原和敏-01.jpg木原和敏-02.jpg木原和敏-03.jpg木原和敏-04.jpg木原和敏-05.jpg木原和敏-06.jpg